これまでの放送内容

2018年6月12日放送【免疫力アップ&腰痛・ひざ痛・不眠解消】SP

①【免疫力を上げる科】医学界が注目!弱った免疫力をアップする秘密は“ある臓器の毛”にあった…!

溜まった疲れがなかなか取れない、季節の変わり目になると体調を崩しやすい、以前に比べ食欲が減り箸が進まない…。こうした何気ない症状を感じ始めているのは、免疫力が低下しているからかもしれない。免疫力とは、体内に入ってきた敵を退治する免疫細胞の活力を示す指標のこと。免疫力が高ければいつまでも健康を保てるが、実は免疫力は年齢を重ねるほど低下し、70歳を超えると20代の頃のおよそ半分にまで落ち込んでしまう。すると体内で発生した異物を退治できなくなり、がんを発症しやすくなったり、食べたものが誤って気管に入っただけで重度の肺炎を引き起こし、最悪の場合、死に至ることも…。まさに免疫力こそ健康長寿になくてはならない存在なのだ。
そんな免疫力を上げるために多くの人が心がけているのが、運動習慣や食生活の改善、睡眠時間をたっぷりとることだが、効果が実感できていない人も少なくない。そこで今回は、医学界が注目する免疫力をアップさせる新事実、全く新しい方法で弱った免疫力をよみがえらせる技を紹介。福島亮治先生(帝京大学医学部附属病院上部消化管外科教授)によれば、免疫力アップのカギは“ある臓器”に隠されていて、その内側に生えている毛が免疫力と大きく関係していることが分かってきたという。
そこで今回は、免疫力の低下が気になっている50代以上の6名に協力してもらい、特別な血液検査でその臓器の内側に生えている毛の状態を推測。ある臓器に毛がしっかり生えていそうな人と、少なそうな人の免疫細胞の活性度を測った。はたしてその結果は…?

②【腰痛・ひざ痛を解消する科】長引く腰痛とひざ痛には、腰やひざ以外の新原因があった!つらい痛みを解消する方法とは?

全国でおよそ3000万人もの人々が患っていると言われる腰痛。そして、およそ2000万人が悩まされているというひざの痛み。どちらもなかなか原因がわからず、長年悩んでいる人の多い2大症状だ。そんな腰やひざなど下半身の長引く痛みが一挙に解消できるかもしれない新事実が発見された。それはなかなか治らない腰痛やひざ痛の陰に、腰やひざ以外の全く別の新原因が潜んでいるというもの。そして今、その新原因を解決し、つらい痛みにさよならできるかもしれない改善法が日本で開発され、熱い注目を浴びているという。
腰痛とひざ痛、どちらにも共通する腰やひざ以外の新原因とは一体何なのか?番組では腰痛やひざ痛に長年悩まされている50代から70代の男女10名を集め、その新原因が関係している人を炙り出すことに。今回チェックして頂く名医、大川孝浩先生(久留米大学医療センター副院長 整形外科・関節外科センター教授)によれば、その場所に異常があるかどうかは“見た目”である程度判断できるという。そこで今回は都内に集まって頂いた10名を、およそ900キロ離れた福岡から大川先生にインターネット中継を通じてみてもらうことに…。一体どこを見れば新原因があるかどうかがわかるのか?そして新原因による腰痛やひざ痛が疑われる人の、痛みを引き起こしている全く別の場所とは…!?

③【不眠を解消する科】紙とペンを使った“ある方法”で不眠が改善!「中途覚醒」に悩む主婦が実践し、その効果を検証!!

布団に入ってもなかなか寝付けない、夜中に目が覚める、まだ寝ていたいのに早朝に起きてしまう…。こうした「不眠」の悩みは40代から増え始め、60代以上になると実に6人に1人が抱えていると言われている。一方、ある研究によれば、十分な睡眠がとれていないと、心臓病などによる死亡の危険性が2.4倍も高くなり、がん細胞がよく眠れている場合の2倍近く増殖するというデータも。「不眠」は健康寿命に大きな影響を与える脅威の一つであることがわかってきたのだ…。
そんな中、近年、睡眠の改善が期待できる “ある意外な方法”がわかってきた。それはなんと、紙とペンを使うだけでできる簡単な方法。それを推奨する睡眠の名医、内村直尚先生(久留米大学病院精神神経科教授)によれば、中高年が悩む不眠の中で今最も多い原因がストレスだが、そのストレスによる不眠を解決する方法こそ、紙とペンを使うことなのだという。一体その方法とは!?
番組では、夜中に目が覚めるいわゆる「中途覚醒」に悩む主婦に、その方法を5日間実践してもらい、彼女の不眠がどれだけ改善されるかを検証する。はたして結果は…?


番組のおすすめ不眠を解消する科

名医があなたの睡眠の悩みを解決!

番組のおさらい腰痛・ひざ痛を解消する科

治らない腰痛・ひざ痛は、
身体の全く別の部分の異常が原因かも…?