これまでの放送内容

2018年8月14日放送【高血糖予防食材&沖縄に学ぶ血管老化防止法】SP

①【高血糖を防ぐ科】血糖値を下げるホルモン「インスリン」を増やしてくれる夢の食材があった! その正体は?

高血糖は、心筋梗塞や脳梗塞ばかりか、ガンや認知症のリスクを高める可能性があることも、近年の研究で明らかになってきた。そんな高血糖を防ぐ方法として、これまでは糖分の吸収をゆるやかにする効果があるとされる食物繊維を摂ったり、ジョギングや筋トレなどの運動をするなどが一般的だったが、今回番組ではそうした方法とは一線を画す、全く新しい高血糖の予防法がわかってきたという耳よりな新事実を入手した。
その方法を教えてくれるのは高血糖治療・研究の第一人者、太田嗣人(つぐひと)先生(旭川医科大学病態代謝内科学分野教授)。太田先生によれば、それは最近ヨーロッパの糖尿病学会で発表されたもので、ある食べ物の成分がインスリンの分泌を高め、血糖値を下げることがわかってきたという。インスリンとは血糖値を下げる働きのある体内で唯一のホルモン。ヨーロッパの糖尿病学会で報告された研究によると、普段血糖値が高い人たちに、その食材の成分を摂ってもらったところ、インスリンの分泌量が摂る前に比べ、なんと倍近くまで増加。高かった血糖値も28%も下がり、正常レベルに近いところまで戻すことができたという。そして、その論文に記されていた食材の名前こそ「ホエイ」というものだった。果たして、インスリンを増やし血糖値を下げてくれるという夢のような食材「ホエイ」の正体とは?

②【血管の老化を止める科】わずか3年で島民の健康状態が劇的に改善! 沖縄・竹富島に学ぶ!血管の老化を止める方法

豊かな自然と伝統的な景観に誘われ、年間50万人もの観光客が訪れる沖縄県竹富島。実は今、リゾート地としてだけでなく、医学界からも熱い注目を集めている。2017年11月に開催された厚生労働省主宰の、日本全国の企業や市町村が行う健康のための取り組みや功績を称える賞「健康寿命をのばそう!アワード」で、見事最優秀賞に輝いたのが、竹富島の診療所が実践した島民たちの健康への取り組みだった。受賞理由は、たった3年間で、島で心筋梗塞や脳卒中による救急搬送の患者を80%以上も減少させたこと。竹富島は厚生労働省や多くの名医たちが認める健康長寿島として全国にその名を轟かせたのだ。一体どうやって、わずか3年で心筋梗塞や脳卒中の救急搬送を8割も激減させることができたのか?その取り組みとは…!?

その他、便秘解消(秘)食材、原因不明の【足のしびれ】の正体を紹介する。


番組のおさらい高血糖を防ぐ科

心筋梗塞・脳梗塞だけでなく
がん・認知症のリスクを高める可能性もある
「高血糖」予防法をご紹介!!

番組のおすすめセカンドオピニオン外来

名医があなたの首・背中・腰の悩みを解決!