これまでの放送内容

2019年4月23日放送【心臓老化ストップ物質&全身老化抑制物質】SP

【心臓の老化を止める科】
平成最後の大発見!心臓の老化を止めて健康長寿が期待できる夢の物質【GLP-1】とは!?簡単に持ち運びできるお手軽食材で、GLP-1をしっかり分泌する方法も大公開!

 加齢とともに進む心臓の老化。しかし、平成が終わろうとする今、名医たちのたゆまぬ努力のおかげで、心臓の老化を防ぐ可能性がある方法がついに判明した。それこそが心臓の老化ストップ物質【GLP-1】。世界的に認められた権威ある医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載されたアメリカなどの研究チームの発表によると、この心臓の老化ストップ物質【GLP-1】を3年半投与された人は、そうでない人に比べ、心疾患による死亡率が、なんと22%も減少。つまり、このGLP-1が心臓の老化を防ぎ、元気な拍動を保つ効果が期待できることが分かったのだ。日本人医師の中でいち早くGLP-1と心臓の関係に注目し、研究を開始している名医が、坂東泰子先生(名古屋大学医学部附属病院循環器内科講師)。坂東先生によると、心臓の老化ストップ物質【GLP-1】は、誰の身体にも存在する「ホルモン」の一つだが、人によってその分泌量に違いがあるのだという。
 では、GLP-1を多く分泌できている人と、できていない人では心臓の機能にどれだけの違いがあるのか?心臓の老化が気になり始める50代以上の男女7名に集まって頂き、6分間にどれくらいの距離を歩けるかで心臓の機能を判定するテストを実施。その距離が各年代の平均値を越えれば年齢より若い心臓、下回った場合は、年齢よりも老化した心臓、つまり心臓の機能低下の疑いがあると判断する。テストを実施する場所はレインボーブリッジ。798mある海の見える遊歩道を6分間、ひたすら歩いていただく。果たして、みなさんの心臓機能の結果は?

【全身の老化を止める科】
世界に先駆けて日本人医師が発見!全身の老化を遅らせる物質【ポリアミン】とは?

 世界最高峰の医学専門誌「ランセット」に掲載された論文で、ある日本の医師が、世界に先駆けて老化のスピードを遅らせるメカニズムを明らかにした。その根拠となったのは、同い年の2組のマウスのグループを使った実験。片方のグループに老化を遅らせる物質を与え続ける一方、もう片方のグループにはそれを与えなかった。すると、老化を遅らせる物質を与えたグループは、毛並みが白くて若々しく、肌ツヤも良く元気だったのに対し、与えなかったグループは、毛も抜け落ちて黒ずみ、老けてしまっていたという。  この論文を発表した医師こそ、日本の老化研究の第一人者、早田邦康先生(自治医科大学附属さいたま医療センター 循環器病臨床医学研究所所長 教授)。早田先生の研究でわかってきたのは、全身の老化を遅らせる物質があること。そして、その物質を身体に投与すると、加齢によって身体に溜まってしまった老廃物に働きかけ、免疫細胞からの攻撃を受けないようにしてくれる事が判明。その結果、年を重ねても炎症が起こりづらくなるというのだ。
 早田先生の研究によって分かった老化を遅らせる物質の名前は【ポリアミン】。ポリアミンは私たちが誰でも持っている細胞内にある体内物質で、生まれた赤ちゃんの時に最も多く、年を重ねるごとに残念ながら減少してしまうという。では加齢で減ってしまうポリアミンをどうしたら増やすことが出来るのか?

その他、ひざ痛の新原因や、名医が探り当てた原因不明の【不定愁訴】の正体について紹介する。


番組のおさらい心臓の老化を止める科

心筋梗塞のリスクを下げる夢の物質を発見!

番組のおさらい全身の老化を止める科

老化を遅らせるカギは食材にあり!?