これまでの放送内容

2019年6月11日放送【名医監修!日本人の身体の3大不調徹底改善】SP

【腰痛を改善する科】
高齢になってからおこる腰痛の新原因が判明!筋トレいらずで腰痛改善!名医おすすめの脳トレーニングとは?

「柱やたんすなどによく足をぶつけるようになった」「若い頃に比べ、靴や靴下を履くのが遅くなった」「以前より人にぶつかってしまい、人ごみが苦手になった」これらに一つでもあてはまった方は、今回番組がお伝えする新原因による腰痛の可能性が。また現在腰痛がない方でも当てはまったら、近い将来、腰痛を発症する危険性があるという。
そもそも腰痛の原因は、背骨の間のクッションである椎間板が飛び出し神経を圧迫するヘルニアや、脊髄がおさまる管が狭くなる脊柱管狭窄症などが知られている。しかし原因が特定できる腰痛は全体のわずか15%。今回紹介するのは、残り85%に含まれる新たに分かった腰痛の原因だ。腰痛の名医、酒井義人先生(国立長寿医療研究センター整形外科部長)によれば、「①原因が特定できない」「②高齢になってから自覚し始めた」という2つの条件のあてはまる腰痛は、今回の新原因による可能性が高いという。
そこで今回は、2つの条件に当てはまる方の中に、どれだけ新原因による腰痛の人がいるのかを調査。高齢になってからなぜか腰痛になったという5名の皆さんにご協力頂き、目隠しをして足踏みを100回して頂く検査を実施した。医療の現場でも行われているこの検査を腰痛の新原因を持つ方が行うと、基点から1m以上ずれてしまうという。そして実際に検査が始まると、まさかの事態が次々と起こり……。たけし院長も驚いた検査結果とは果たして!?

【不眠を解消する科】
高齢になると眠りが浅くなるのはなぜ?カギはドキドキ感!?最新医学でわかってきた理由を独自検証!ぐっすり眠れる睡眠法&不眠を改善するヨガ

加齢とともに多くの人が抱え始める不眠。夜中に目が覚めたり、朝起きても疲れが残っていたり…ある調査によれば、「ぐっすり眠ってスッキリ起きたい」という願いとは裏腹に、60歳以上の約3人に1人が不眠の問題を抱えているという。さらにアメリカ・ワシントン大学の研究では、21日間、睡眠時間を4時間に制限したマウスと睡眠制限をしなかったマウスの脳内に、認知症の原因物質アミロイドβがどれだけ蓄積するかを比較したところ、しっかり睡眠をとったマウスの脳内には、アミロイドβが少なかったのに対し、よく眠れていないマウスの脳内には大量のアミロイドβが発生していることがわかった。まさに睡眠不足は健康の大敵なのだ。
では若い頃は問題なく眠れたのに、年を重ねるにつれ眠れなくなってしまうのはなぜなのか?
日本睡眠学会で理事を務める眠りのスペシャリスト、山田尚登先生(上林記念病院院長)によれば、同じことをしても若い頃はドキドキしたのに、年をとるとドキドキしなくなる、そこによく眠れる人とそうでない人の境界線があるという。 そこで今回番組では、眠りには全く問題がなく一度寝たら8時間は起きないという21歳の女性と、毎晩必ず1回以上は目が覚めてしまうと言う70歳の女性に、同じ部屋で1日過ごしてもらい、2人の心拍数がどう変化するかを調べることに。果たして快眠の若者と不眠の高齢者では、日常生活のドキドキ感にどのような違いが出るのか?部屋で過ごしたり、近所の庭園を散歩したりする二人の心拍数をチェックするうちに、驚くべき事実が明らかに!

その他、肩こりの最新治療法を紹介する。


番組のおさらい不眠を解消する科

番組のおさらい腰痛を改善する科