これまでの放送内容

2019年9月3日放送【医学界注目高血圧対処法&セカンドオピニオン】SP

【高血圧を下げる科】
三日坊主の人でも長続きする高血圧対処法として、いま医学界で注目を集める「行動変容」とは?自分に合った高血圧対処法がわかる、5つの性格タイプを発表!テレビの前の皆さんもぜひチェックを!

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを招く恐ろしい高血圧。高血圧の対処法といえば減塩に運動。やるべきことはわかっているが続かない人が多い。そんな中、三日坊主でも長続きできる方法として、いま医学界で注目され初めているのが「行動変容」。自分の内なる性格を知り、その性格にあった対処法を習慣化することで、血圧など生活習慣病を改善するというもの。ちょっとした生活診断をするだけで高血圧が改善できる、まさにオーダーメイド対処法だ。
そこで今回はまず皆さんの秘められた性格がわかる問診を実施。医療機関で使われている性格診断を簡略化し、A、B、C、3つのブロックそれぞれに3問ずつ、合計9問の問いに答えるだけで自分の性格が簡易的にわかる方法で行う。

なかなか治らない高血圧が行動変容でどれだけ改善するかを検証!

自分の性格を知り、その性格にあったオーダーメイドの高血圧対処法を行う「行動変容」。その専門外来を大学病院で初めて立ち上げ、成果をあげているのが、東京慈恵会医科大学附属病院の横山啓太郎先生。横山先生は、まず自分の内なる性格を知り、自分のダメなところを知ることが血圧を改善する第一歩だという。
そこで今回は、高血圧がなかなか治らない60代の女性2名に協力頂き、行動変容で彼女たちの高血圧がどれだけ改善できるかを検証する。
はたして横山先生は、この二人にどのようなアドバイスや指導をするのか?そして二人の高血圧はどれだけ改善するのか!?

【セカンドオピニオン外来】
「疲れやすさ」に潜む恐ろしい病!ある日、夏バテのような疲労感を感じた女性。夫が気づいた大量の抜け毛!名医がつきとめた本当の病とは?

原因不明と言われた多くの患者さんの病の正体をつきとめ、救ってきた総合診療の名医、竹村洋典先生(東京医科歯科大学総合診療医学分野教授)が、実際に解決した症例を紹介する。その女性患者の始まりの症状は「疲れやすさ」、夏バテのような疲労感だったが、病の正体を暴くきっかけとなったのは夫が気づいた疲れやすさ以外の妻の“ある症状”だった。はたして病のサインとなるその症状とは?そして名医はいかにして恐ろしい病の存在を暴きだしたのか?

長年「めまい」に悩む4児のママ、辻希美を名医がスタジオで生診断!問診とさまざまなテスト結果から名医が導き出した病名とは?

長年「めまい」に悩んでいるという、今回のゲストで4児のママでもある辻希美さんを竹村先生がスタジオで診察し、辻さんに疑われる病を発表する。
最初の子供を出産した20歳の頃から始まって、もう12年くらい「めまい」に悩まされているという辻さん。ひどい時は何かにつかまっていないと立っていられないことがあるという。
そんな辻さんの悩みを聞いた竹村先生は、めまいの原因は沢山あるが、その原因によって各々「特徴的な症状」を出すことがあるため、症状の原因を見極めていくことが大切だと語る。
辻さんへの問診に加え、耳、呼吸、血液・血流、それぞれに関するテストを行う竹村先生。すべてのテストを終えたあと、辻さんに疑われる可能性のある病をフリップに書いて発表する。はたして辻さんのめまいの原因になっているかも知れない病の正体とは!?

その他、名医が探り当てた原因不明の【足のしびれ】の正体をドラマ形式で紹介する。


番組のおさらい高血圧を下げる科

番組のおすすめセカンドオピニオン外来