Q.大人(30代女性)になってもニキビが消えません。どうすれば治りますか?
A.ニキビは、毛穴や肌・髪の毛の潤いを保つ皮脂を分泌する皮脂腺が、何らかの原因で詰まったり、皮脂腺がホルモンなどの影響で発達し通常より多い皮脂が分泌され、毛穴や皮脂腺に脂がたまって細菌が感染したり、分解した皮脂の成分によって起こる炎症です。

●ニキビの原因は様々●
ホルモンバランスの変化のある思春期、妊娠、ホルモン剤の内服、ストレスの影響で皮脂の分泌量が増加して、ニキビが出やすくなります。また、汗でほこりが皮膚にくっつき毛穴が詰まったり、食用油や機械油を扱うことの多い仕事では毛穴が詰まりやすくなりニキビ(油性ニキビ)が出来ます。薬の副作用でできるニキビもあります。またチョコレートやナッツ類を食べ過ぎるとニキビができやすくなります。

●治療 〜ニキビ治療に良く効く薬があります〜●
治療はやはり皮膚科に行って下さい。現在、大変良いニキビの薬があります。「アダパレン」というビタミンAの一種を含んだ薬で、赤くなる前の白ニキビに効きます。赤くなって炎症のあるニキビには過酸化ベンゾイルと抗生物質の配合剤を使うと速く良くなってきます。また医師とよく相談をしてニキビの原因を取り除き、ニキビ用の石鹸で洗顔を良く行い、毛穴がつまらないようにすることが大切です。


岐阜大学 名誉教授
社会医療法人厚生会
木沢記念病院 名誉病院長
北島康雄先生 監修

(C)ABC TV All rights reserved.