Q.寝転がる時にめまいがします。これって病気?
A.おそらく「良性発作性頭位めまい症」の可能性が高いと考えられます。
この病気は、特定の体位(寝返りを打った時や、ベッドから起きた時、あるいは上や下を向いた時など)をとると、めまいが出現し、その位置で静止していると数十秒程度でめまいは治まります。再び動くとめまいは誘発され、繰り返し動くうちにめまいが徐々に軽くなるという症状が最も多いタイプの病気です。
50歳以上の方に多く、耳鼻咽喉科で、特殊な眼鏡をつけて眼の動きをみる眼振(がんしん)検査をしてもらうと、ほぼ100%診断がつきます。
良性発作性頭位めまい症は、自然に治ることが多く、半数以上の方は、発症から1週以内に症状がなくなります。吐き気などの症状が軽くなったら、積極的にめまいが起こる頭の位置に頭を移動させ、その位置でしばらく動かないようにしてください。これを繰り返していると早期に改善することが分かっています。
しかし、長期にわたりめまいが持続する例もあります。このような場合は、浮遊耳石置換法と呼ばれる種々の理学療法を行うと良好な結果が得られる場合が多いので、一度、耳鼻咽喉科専門医 に相談してみてください。

また、めまいに加え手足のしびれや、声が出しづらい、飲み込みにくい、頭痛などの他の症状や聴力の異常、耳鳴などがあった場合は他の病気が考えられます。そのような場合は、頭のMRI検査なども必要でしょう。

はくらく耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック
生井明浩先生 監修


(C)ABC TV All rights reserved.