Q.マブタが下がってきて物が見えづらくて仕方ありません。どうすれば?
A.もし、あなたが50歳以上で、両目のマブタが下がってきているようであれば、加齢による眼瞼下垂(がんけんかすい)の可能性があります。
人間のマブタの筋肉は誰でも老化によって衰えます。それが酷い人は自然とマブタが下がり、物が見えづらくなる場合があるのです。特にコンタクトレンズを長く装用していると、加齢性下垂がより目立つことがあります。
加齢による眼瞼下垂は病気ではありませんが、生活に支障がある場合は筋肉をひっぱりあげる手術によって改善します。
ただし、片方のマブタだけが下がってきている場合は加齢によるものでなく、病が原因になっていることもあります。その場合は放置せず神経眼科を受診して、医師に相談することお勧めします。


井上眼科病院 名誉院長
若倉雅登先生 監修


(C)ABC TV All rights reserved.