頚椎症性脊髄症10秒テスト

10秒テストで頚椎症性脊髄症の可能性をチェックしましょう。

10秒テストへ


頚椎症性脊髄症とは?

頚椎の部分で脊髄が圧迫され、手足の痺れや歩行障害などの症状が出る病気。年間患者数は約1万人。徐々に増加傾向にある。50代以上の男性に多い。歳をとると誰でもなる危険性がある。症状が加齢に伴うものと同じなため、気づきにくい。転ぶなどのちょっとしたことだけで重症化してしまうことも多い。
(C)ABC TV All rights reserved.