更年期障害セルフチェック

「あなたの身体の不調が、治療が必要な更年期障害かどうか」をチェックします。
最近では若年性の更年期障害も多く、また、更年期の終わりも人によってそれぞれなので、40代、50代の女性はもちろん、30代や60代の女性も、この問診でチェックしましょう。


問診は全部で10問。それぞれの症状に対して「強」「中」「弱」「無」と自分が感じる程度を4段階でお答え下さい。

「強」は辛くて我慢できず、日常生活に支障がある状態。
「中」は我慢できるが、何とかしたいと思う状態。
「弱」は普通に我慢できる程度。
「無」は特に症状がない場合です。


@顔がほてる

A汗をかきやすい

B腰や手足が冷えやすい

C息切れ、動悸がする

D寝つきが悪い

E怒りやすく、すぐイライラする

Fくよくよしたり、憂鬱になることがある

G頭痛、めまい、吐き気がよくある

H疲れやすい

I肩こり、腰痛、手足の痛みがある


(「簡略更年期指数」小山嵩夫、1992)
(C)ABC TV All rights reserved.