二次性頭痛問診

@まず、畳の縁や、フローリングの床の線など直線がわかる床の上に立ちます。
A用意ができたら、線の一番手前のライン上に左足を置き、左足の先端に右足のかかとを付けて、左右の足が前後に並んだ状態に立ってください。


B左右の足を、かかとと先端がつくように交互に出して前に進みます。
C線上からずれないように一直線に進みます。この際、手などを広げてバランスをとってもOK。平均台の上を歩くようなイメージで進んでください。ライン上をまっすぐ歩ければ多分問題なし。

二次性の頭痛患者の場合…ふらついてしまいどうしても大きくラインを外れてしまいます。実は二次性頭痛の原因とされる、くも膜下出血、脳梗塞や脳腫瘍、脳出血などが起こっていると、運動感覚を麻痺させ、うまく身体のバランスが取れなくなってしまうのです。もちろん、これですべての二次性の頭痛患者がわかるわけではありません。正確にはMRIなどが必要です。

続いて、一次性頭痛の頭痛タイプ 【片頭痛】【緊張型頭痛】【群発頭痛】のうち、どの頭痛なのかを問診でチェックしていきます。

片頭痛チェック

緊張型頭痛チェック

群発頭痛チェック


(C)ABC TV All rights reserved.