うつ病になりやすい性格問診

うつ病は、夫婦など、身近な対人関係からくるストレスの蓄積に加え、その人自身の性格が発症の大きな要因となります。

特に、責任感が強く気づかいが細かい性格の「メランコリー親和型」と、几帳面で完璧主義的な性格の「執着気質」という2つの性格タイプを持つ人がうつ病を発症しやすいと考えられています。
そこで、あなたが「メランコリー親和型」「執着気質」の性格か問診で判断します。

うつ病とは

8つの項目の中で当てはまるものにチェックしてください。


















(C)ABC TV All rights reserved.