甲状腺の触診チェック


<やり方>2人で行うテストです。


(1)2人で手の届く距離まで近づき、向かい合って立つ。

(2)検査する人が検査される人の首の付け根に手を置く。

(3)甲状腺の位置を知る。

※鎖骨の中心から上へ、のど仏の下あたりに約4センチ四方のところ。
※指を押し込むと、奥に硬い骨のようなもの(気道)を感じるはずです。その前に甲状腺が張り付いているとお考えください。

(4)左右の親指で軽く力を入れて押し、親指を上下徐々にずらしていく。

(5)検査される人は、つばを何度か飲み込む。

※つばを飲み込むことで筋肉や気管と共に甲状腺も動くため、腫れなどの異常が分かりやすくなります。

解説


(C)ABC TV All rights reserved.