レム睡眠行動障害とは

夢の中で体験していることを、そのまま言葉に発したり、行動に移してしまう病。この病の患者数は推定12万人。その8割が50代以上の男性と言われている。この病の主な原因はストレス。強いストレスを受けることで、本来、睡眠中に身体の動きを抑えている脳幹部の機能が低下し、夢の中での行動が直接身体に伝わって実際の動きや寝言として現れてしまう。

(C)ABC TV All rights reserved.