LESSON

■タオル体操のメリット
@動きを認識することが出来る。
A引く力を利用し、ストレッチ効果が高まる!

◆タオル(30cm位)をご用意ください。
鏡や窓に映る姿を確認しながら行うとちゃんと動かせているかがわかるので良いでしょう。
(1)首にタオルをかけて、タオルの両端を握る。

(2)右手を斜め前に伸ばす。右の腰と足に体重をのせ、大きく深呼吸する。左右3回ずつ合計6回行う。
【ポイント】
胸を広げるイメージで大きく深呼吸をしましょう。



広背筋が伸びたり縮んだりする動きが同時に行える
(3)続いて、2つ目の動きへ。
首を軸に左右の腕を前に5回、後ろに5回まわす。


※身体に痛みを感じた場合は、無理せず体操をやめてください。

広背筋が柔らかくなったかどうか簡単チェック!


ばんざいチェック

腕を伸ばして身体の前面を通し、ばんざいをしてください。


途中までしか上がらない場合は、広背筋(背中から腕につながっている筋肉)が硬くなって上手く機能していない証拠です。
広背筋が上手く機能していないと、肩の僧帽筋に大きな負担がかかり、肩こりを引き起こします。

腕は上がりやすくなりましたか?

◆この体操を1日1回行えば、広背筋をやわらかく保てます。ぜひ、お試しください。

NPO法人スポーツ・健康・医科学アカデミー
理事長
筒井廣明 先生 監修

(C)ABC TV All rights reserved.