神経の機能を高める!
バランス若返り体操

足腰を若々しく保つには、神経の機能の維持がとても大切です。

特に高齢の方の場合、仮に筋力はあっても筋肉をコントロールする神経の機能が鈍くなると、バランス能力が落ちて、つまずいたり転びやすくなるなど「ロコモティブシンドローム」といわれる運動機能が低下した状態になってしまうのです。

ロコモティブシンドロームとは?

家庭で簡単にできる、足腰を若々しく保つための体操をご紹介します。

さっそくやってみる

神経の機能を
若々しく保つヒント
日常生活の中で何気なく行う行動の中にも、神経の機能を若々しく保つために良い動作があります。

■床のぞうきんがけ
しゃがんで手を動かす」「しゃがんだまま歩く」といった動きは普段の生活の中ではあまりしないような複雑な動きです。こういった複雑な動きは、普段使わない複数の筋肉を使いますし、複数の神経を同時に使うことにもなりますので、神経の機能にいい影響を与えます。

■手先、足先を動かす
手足の先、末端まで動かす動作はとても良い動きです。手首、足首を回したり、指を曲げたり伸ばしたりすることは、神経の機能を維持するには良い動きです。料理や片付けも複雑で細やかな動きが必要ですので、日々続けましょう。

■立ったままバス移動
バスや電車など揺れる車内で立っていると、揺れに対してバランスをとろうと全身の神経が働きます。不安定な状況で立つことは、深部知覚や脊髄反射といわれる神経の機能を使う良い機会となるのです。

戻る

(C)ABC TV All rights reserved.