押せば腰痛原因が分かる!3つのトリガーポイント

腰痛は、ある特定の場所を押したときに強い痛みが出るかどうかで、大まかな原因の目安を知ることができます。その場所を“トリガー(引き金)ポイント”と言い、腰痛を起こす原因、引き金となっているポイントの事を指します。

全部で約600箇所ほどのトリガーポイントが分かっていますが、今回は腰痛患者さんに比較的多くみられるトリガーポイントをご紹介しましょう。普段の診察でも、このトリガーポイントを押すことで腰痛の原因をある程度絞り込むことができるので、ぜひ試してみましょう。

3つのトリガーポイントを押してみる!

(C)ABC TV All rights reserved.