道すじたどりテスト
あなたは最近、
車庫にうまく駐車できない
地図がうまく読めず道に迷う
などの経験ありませんか?
実はこれらは認知症の予備軍、MCI(軽度の認知障害)になると現れやすい“視空間認知力が落ちてきている特徴的な現象です。

視空間認知力とは、ものの距離感や奥行き、自分と周りの空間の位置関係などを正しく認識する能力のこと。この力が衰えてくると、頭のナビ力や距離感がつかめなくなり、上記のような現象が起きてしまうのです。

認知症は一度発症すると完治は難しいとされていますが、“MCI”と呼ばれる“軽度の認知障害”(※認知症予備軍であって、軽度の認知症ではありません)の段階で発見すれば発症を防げる可能性があることがわかってきました。

早期発見のために、あなたの「視空間認知力」をチェックしてみましょう!


チェック開始!

(C)ABC TV All rights reserved.