お酢&食物繊維で
腸漏れを改善する方法
全身の不調や病の原因ともいわれる“腸漏れ”。
漏れ出してしまっている腸の壁の修復が期待できるのが【お酢】【食物繊維】

お酢の短鎖脂肪酸が
腸粘膜のバリア機能を促進

お酢に多く含まれる“短鎖脂肪酸”は腸内フローラをキレイに保つために必要不可欠な栄養素の一種。アメリカで発表された論文によると、短鎖脂肪酸が、腸の細胞を活性化し、その結果、腸漏れを防ぐ働きをするという。
お酢の中で、特に短鎖脂肪酸が多いのは、バルサミコ酢、白ワインビネガー、リンゴ酢だが、その他、穀物酢、米酢、黒酢などにも総じて多くの短鎖脂肪酸が含まれているので、どのお酢でも効果は期待できる。


短鎖脂肪酸を増やす
食物繊維

食物繊維が腸内に入ると、細菌によって分解・発酵し、短鎖脂肪酸に生まれ変わる

しかし、どれくらいお酢や食物繊維を摂れば、腸漏れを防げるのか、具体的な数値はわかっていない。番組で、お酢と食物繊維を毎日できるだけ意識して食べる検証を行ったところ、わずか5日間のチャレンジでも、血液中に漏れ出している毒素の量が減った。

腸の病に精通したエキスパート、中島淳 先生(横浜市立大学 大学院 主任教授)は「現代人は、食物繊維の量が不足しているので、食物繊維を適切に摂って、適度な量のお酢を使うことで、腸漏れの改善が期待できるのではないか。このような生活を長期的に続けることが大事。」という。

皆さんもぜひ、お試しください。
※お酢の摂り過ぎには注意してください。

■食物繊維たっぷり!
腸内環境を整える
発酵料理


(C)ABC TV All rights reserved.