カギを握るのは体内物質「t-PA」!
血栓ができにくい体質になる方法

血管老化の3大原因の1つ「血栓」を防ぐ最新情報を大特集!

◆血栓は「日常で起きる危機」でできる!?

血栓が過剰にできやすくなる理由は大きく2つあります。1つ目は、エコノミー症候群のように、身体を動かさないこと。2つ目は「日常で起きる危機」です。日常で起きる危機とは、日常の中で感じる緊張やストレス、恐怖感など。例えば、うっかり水をこぼしてしまった、ゴキブリに遭遇した、そういったことで血栓はできやすくなってしまうのです。

◆血栓を溶かす物質t-PAとは?きちんと分泌させる方法は?

t-PAとは、脳梗塞の原因となる血栓を溶かす薬剤。私たちの体内でも作られる体内物質です。体内で血栓を過剰に作らせないようにするためには、t-PAをきちんと出せるようにすることが大切なのです。
t-PAをきちんと分泌させる方法は、ウォーキングなどの有酸素運動。脳梗塞や心筋梗塞といった血栓が引き起こす病気が気になる皆さんは、是非お試しください。


東京都健康長寿医療センター 副院長
原田和昌先生 監修

※ウォーキングする際のポイント

ウォーキングをする際のポイントは、早歩き。
普通に歩くより血流が上がり、血管の内側の壁が強い刺激を受け、t-PAが分泌されるだけでなく、そのパワーがアップするのです。 靴1足分歩幅を大きくとることで、自然と速く歩くことができるようです。

◆血栓をできやすくする原因「ストレス」を軽減させる方法をご紹介!【会員限定】


好きな●●でストレス脳を改善!


不安・ストレスで凝り固まった体をほぐして疲れ・イライラ解消!


入浴中の簡単なストレッチで脳の冷えを改善!