③視空間認知力チェック
展開図組立テスト

立方体の展開図を使ったテストです。

こちらの展開図を組み立てた時、黄色の十字は犬と女性のイラストのどの位置にくるでしょう?

[A]イラストの左(犬)側
[B]イラストの右(女性)側
[C]イラストの上側
[D]イラストの下側
[E]イラストの対面

正解は[B]イラストの右(女性側)
不正解の場合、視空間認知力が衰えている可能性があります。

このテストは、視空間認知力の中でも、ある形から完成形を予想する、推論する力を見ています。この力が衰えると、探しているものが見つからない、服を着られないなど、日常生活に支障が出ます。

名医おすすめの視空間認知力改善法は「逆さま配膳」。毎日テーブルに食事を並べるとき、あえて向かい側から配膳してみてください。
視空間認知力をアップさせるには、普段から頭の中で位置関係の情報を様々な視点から捉えなおす訓練がとても有効だとのこと。
上下左右が逆転した状況で作業をするため、頭の中で位置関係を組み立てなければならず、頭頂葉が刺激され、鍛えられるのです。