④言語力チェック
海にいる生き物テスト

用意するもの:紙1枚とペン

制限時間1分で、「海にいる生き物の名前」をできるだけたくさん書いてください。

10個以上答えられればセーフですが、10個未満だと、言語力の衰えが進んでいる可能性があります。特に8個未満は要注意です。

言語力は、聞いた言葉・読んだ言葉を理解する「インプット」の力と、正しい言葉を使って話したり書いたりする「アウトプット」の2つの力があります。
海にいる生き物、のようにあるジャンルの条件を与えられ、そこに当てはまる言葉を挙げるようにと言われた時、「アウトプット」の力が衰えていると、条件に合わない名前が浮かび合う言葉が多く挙げられなくなり、それがさらに進むと、伝えたいことをうまく伝えられないようになってしまうのです。

名医おすすめの言語力改善法は「新聞の音読」。毎朝新聞を読む時に、文字を声に出して読むのです。新聞でなくても、好きな本やスーパーのチラシでも構いません。
言語力をアップさせるには、普段からなるべくさまざまな言葉のインプットとアウトプットをしておくことが大切です。さらに、声を出して読むことで、より言語中枢の活性化が期待できるのです。