免疫力アップ&様々な不調や病を改善!
体内時計を整える9つのポイント

身体の様々な機能を管理する体内時計を整える9つのポイントをご紹介します。

平日と休日で朝起きる時間が1時間以上違うと体内時計が乱れている可能性が高いです。

朝日の刺激が目に入ることで、脳の体内時計が朝を認識し活動を開始します。
毎朝決まった時間に朝食を食べることで、内臓の体内時計が正しく動き出します。
炭水化物(ごはんやパンなど)
たんぱく質(肉類や魚類など)
DHA、EPA(魚類など)
上記4つの栄養素を摂ると、乱れた体内時計がより正常に戻りやすいです。
ツナサンド焼き魚のある伝統的な朝食がオススメです。
緑茶に含まれるポリフェノールの一種・エピガロカテキンガレートには、体内時計を整える働きがあります。
体内時計を整えるには、運動と静養を交互に繰り返すのが大事。片方だけでは体内時計が乱れてしまいます
20分程度より長い昼寝は、昼食による血糖値上昇で血管や内臓に悪影響を与える可能性があります。
枝豆に多く含まれる葉酸には、体内時計を動かすたんぱく質・クリプトクロームが含まれています。葉酸を多く含む食品は他にも、海苔レバーなどがあります。
人間は一日の中で、夕方から徐々に体温が下がり始め、お風呂に入って一旦体温が上がると、入浴後90分後に体温が急激に下がります。すると、自然と眠気がきて心地よい睡眠ができるのです。